水上紀行のブログ

ブル アンド ベア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 水上紀行

 

相場が上昇して強気になることをブル(Bull、雄牛)、

逆に相場が下落して弱気になることをベア(Bear、熊)と言います。

 

なぜ強気がブルで、弱気がベアと言うのだろうと思われることと思いますが、

これはそれぞれの猛獣の闘う動作からきています。

 

ブル(雄牛)は、敵に向かって角を下から上に突き上げて闘います。

 

そのため、上昇を狙って買いで闘うことを象徴してします。

 

一方、ベア(熊)は、敵に対して、腕を上から下に振り下ろして闘います。

 

そのため、下落を狙って売りで闘うことを象徴しています。

 

インターバンクでも、電子取引が活発に行われるまでは、

インターバンクディーラーがアシスタントを通じて他の銀行にプライスを求め、

アシスタントが伝えるプライスをインターバンクディーラーが買いたい時は、

手のひらを下から上に掬い上げる動作をすることで、買いの指図をアシスタントに伝えていました。

 

一方、手のひらを上から下に振り下げると売りの指図となりました。

 

これは、喧騒に包まれているディーリングルームで、

正確に相手に指示を伝達するのには必須のことでした。

 

また、顧客担当のセールスディーラーが、

インターバンクディーラーが出したプライスを顧客に伝え、

顧客が買ってきた場合は、人差し指を上にピンと立てることで、

インターバンクディーラーに伝えていました。

 

一方、顧客が売ってきた時は、人差し指を真下にピンと向けて、

インターバンクディーラーに伝えていました。

 

そうしたディーラー間の伝達動作が、ブル(雄牛)とベア(熊)

それぞれの闘う動作に由来していることは、意外と知られていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12万人以上が学んだ
投資の英知を無料で体験できます



僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

結果として2021年現在では累計13万人以上の方に講座を体験していただき、
大変多くの勝ち組投資家が誕生しています。

ここに、日本トップクラス…
いえ、世界でも有数の「投資の教養」があることは
手前味噌ながら自信があります。

僕自身も、これまで投資の学校を運営してきた中で、一流の投資家から大変多くの教養を学びました。

そこで投資の学校代表として一番間近で一流の投資家の先生方から学んだ投資の教養を、1人でも多くの個人投資家に届けるためYoutubeで動画を投稿しています。



例えば下記のような動画をご覧いただけます。

・元金10万円スタートでも「億越え」は可能!?お金が驚くほど増える「投資の真の魅力」を教えます!

・【利益率がUPする?】投資の取引記録の付け方とツールのプレゼント

・【稼げる投資の時間帯】一日中パソコンに張り付かなくていいFX投資の時間割!副業FXや株式投資のスキマ時間の効率的な時間帯選びとは!

・【完全版】日本株の個別銘柄で、これから上昇する銘柄を見つける方法

・【永久保存版】初心者が投資で儲かるために覚えておくべき「トレンド」を利益にするための注意点、鉄則とは。

どれも10分ほどで学べる内容になりますので、通勤時間や寝る前のちょっとした時間にご覧ください。

Youtubeで見る(無料)

コメントを残す

*

CAPTCHA