作成者別アーカイブ: もってぃー投資の学校

行動すればするほど運は上がる、確率が高まる、何かが変わる

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。
と言うのも今回がラストになります。

 
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
8月末を持って、投資の学校(ファイナンシャルインテリジェンス)を退職し、
9月よりトレード業に専念していく運びとなりました<(_ _)>

 
こちら投資の学校にWEBデザイナーとして勤め始めたのが
2015年の8月ですので、ちょうど3年の月日が経ったということになります!
早い!早すぎる・・・(;・∀・)体感で半年くらいです←

入った当初はWEB制作の知識も能力も皆無に等しかったし、
至らぬことばかりでしたけど、ここまでお世話になったことを、
感謝してもしきれないという感じです。

ただ、今後完全に離れるというよりは、
同じ投資業界であり、私も1年中忙しいということではないので、
何かしらの形で携わっていくこともあるかと思います。

 

ちなみに、投資の学校に入社前にはすでにFXをやっていたわけですが、
当時は稼げるようになるビジョンが見えていなかったし、
まさか投資関係の職場で働けるとは思ってもいませんでした。

でも、何社か面接を受けた中で、
一番働きたいと思った投資の学校だけ、まさかピンポイントで受かるとは・・・

人生とは何があるかわからないものです(笑)

 
おかげ様で、WEB制作もそれなりにできるようになり、
改めて投資を学ぶこともできました。

そして、ノリでFXブログを作り、
続けていくうちに、さまざまな人脈ができ、
今ではFXの講義やセミナーをするまでになりました。

当時の自分では全く想像もしていなかったです。

だってまずブログなんて3日坊主で終わるかも・・・
って思っていたくらいだし、

FXで稼げる技術が確立できるとも思っていなかったですもの。

 
とりあえず、
私が東京に出てきて、投資の学校で働いて、
今思うことは

「人生は挑戦の連続」

ということです。(ありきたりだけどw)

挑戦するとは、つまり「行動する」ということでもありますが、
人間、生きている限りは行動していかなければ大きな変化はありません。

待っていても、寝ていても、休んでいても、
自分の人生を飛躍させる可能性は上がりません。

 
もちろん、行動には「失敗」もつきものですが、
“失敗を失敗のまま終わらせなければ失敗にはならない”

というのが、私が最も大事にしている考え方かもしれないです。

失敗を潰していくことが成功の可能性をグンと引き上げると思っています!
トレードも然り。

 
そして、私自身はもともとは飽き性だったり、
自分に甘い部分がたくさんあります(今でもそうですが(笑))

だけど、
何かに挑戦すること、少しでも続けてみることが、
次の大きな一歩のきっかけになることを体感することができたので、

ぜひ、この記事を読んでいるみなさんにも、
何かに挑戦すること、まずは少しだけでも続けてみることを
おすすめしちゃいます。

行動すればするほど、人とのつながりが増えるし、
自分の能力も上がるし、新しい発見があるでしょう。

そうすると、今までの人生には無かった、
新しいチャンスが舞い込んできやすくなるし、
そのチャンスをものにしやすくなります。

つまり、「運気が上がる」ということです。

 

トレードでもそうですが、
家で手法探しばかりしていてもなかなか稼げるようにはなりません。

人よりもズバ抜けるためには、
ズバ抜けた行動をするのが手っ取り早いです。

例えば、実際に稼いでいる人に弟子入りしちゃうとか(笑)
今まではしなかったけど、過去チャートを見て1日3時間練習してみるとか。
今まで受けたことない講義を受けてみるとか(。・ω・)?

 
稼げていないひとと同じ行動をしていても
稼げるようになる可能性は上がらないはずです。

 
新しい行動には、
習慣を変える苦痛や、失敗の苦痛や、人からの批判とか
そういうものが付きまとってくるかもしれないけど、

そんなものは短期的で小さいもので、
それを乗り越えた先にあるものは
とてつもなく人生を豊かにしてくれる大きな結果。

だと考えているので、私は今後もいろいろと挑戦していきたいと思います。

次週からこちらのブログ記事を書かせていただくかは
まだわかりませんが、

今後も何かあれば、何卒よろしくお願いします!(^^)!

 
<編集部のおすすめ>

便利なチャートと多数の機能を備えているにも関わらず、
誰でも・無料で利用できるトレードツール・MT4。

そのMT4が使えるFX会社の一つが、
FXTFです。

取引サーバー・営業拠点・カスタマーサポートは
すべて国内に拠点を構えているので、
安心してご利用いただけます。

パソコンがMacの方でもウェブ版MT4が利用できたり、
公式ブログ・動画セミナーなどでの情報発信を
積極的に行っていたりなど、
きめ細かいサービスも魅力です。

口座開設はこちらから!

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

大衆が目をつけ始めたら手を出さないこと

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

久々の連休ではありますが、
皆様はどうお過ごしでしょうか( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

このお盆休みの期間にも市場はよく動いておりまして、

トルコリラの下落も話題ですし、
ドル円やポンド円などもボラティリティが高く、チャンスと言えばチャンスですが、

SNSを見ていると、損をしている方が多い印象を受けます。

チャンスと言えど、トルコリラで一発逆転を狙っている人などは
トレードが「ギャンブル化」してしまっている可能性があるので、

この機会に見直してみてください。

ちなみに今回の記事は、
最近読んだ他の方の記事を見て内容を思い出しながら
私自身の戒めだったり、アウトプットとしても、
参考にさせていただいて書きました(∩´∀`)∩

その記事は見失ってしまいましたが・・・泣

 

多くの人が目をつけているものはある意味「罠」

話題になっているトルコリラに関しては、
高スワップが魅力で買っていた人が多かったようで
実際に儲かっている人もいたのだと思いますが、

今回の下落で痛手を負った人も結構いるみたいです。

私自身も、リップル(XRP)を保有していますが、
20円台まで下落していて、赤字状態ではあります(;・∀・)

ただ、現物なので今のところ保有を続けますが、
トルコリラを買っていた人たちの大半は
レバレッジを掛けて保有していたのだと思います。

なので、真相は定かではありませんが、
何千万単位で損失を出している人もチラホラ見かけました。

 
やはり、大衆が目を付け始めたときは、
撤退すべき時であり、手を出すべきではない。

というのが、リアルタイムで学ぶことができた良い例であると思います。

過去にスイスフランの暴落も私はリアルタイムで見ましたが、
あの時に私は、「もしかしたら大きく戻るんじゃないか」と期待をして、
ギャンブルトレードをした結果、資金を溶かしたことがありましたw

今考えれば単純に愚かな行為なのですが、
当時は初心者だったこともあり、そのようなトレードをしてしまいました(。´・ω・)

そして、今、
というより、ここ数日、
おそらくトルコリラ円などのショートやロングで大きな利幅を
狙っている人が少なくないのでは!?

なんて思っています。

ただ、ブログを書いている現時点では、
FX業者からの規制ニュースなどもあり、手を出そうとする人は減っている
かもしれませんが、

まず考え方として、
「わからないものに手を出す」のはやめるのが賢明です。

自分のルール外、知識外の範囲で、
「今から手を出しても間に合うかな!?」
「今から買ったら儲かるのでは!?」
とか

そういう投資の仕方は、運よく儲かる可能性もありますが、
ほとんどが大損パターンですし、手を出すタイミングや利確のタイミング、損切りのタイミングを
他人に求めている時点で、結構アウトです。

相場の世界に「美味しい話」などないですし、
みんなが儲かる相場は正直言って、ないと私は考えています。
仮想通貨であっても、株であっても、FXであっても。

みんなが儲かると思い込んで仕込んだ方向とは
逆に動くように相場は動かされることなんていくらでもあるのです。

一般投資家が「美味しい話」に食いつき始めたころには、
とっくに美味しい話ではなくなっているという認識が重要です。

先日のトルコリラ円などは、15円台から短時間で17円台に上昇していて、
短期トレードで儲かった人もいるかもしれませんが、
そういうトレードしている人は、今は儲かっても、
次は大きくやられて±0かマイナスになる可能性が高いかもしれないです。

運も重要な要素の一つではあるので、
そのまま堅実なトレードに移行できれば御の字ですが・・・(;・∀・)

何にしても、自分の頭で考え、「自分が検証して裏打ちされた根拠」があったり、
「なくなっても大丈夫な資金」であれば、実際はどんなトレードしても良いと思うのだけれど、

そうではなく、
「雰囲気」「周りの声」「なんとなく」
自分の大事な資金を突っ込むのは愚かな行為だと私は考えています(; ・`д・´)

スキャルピングなどの短期トレードであっても、
根拠が崩れたときには、潔く損切りすることが重要ですし、
そこが守れなくなると一気に資金は減っていきます。

 

とにかくチャートを

とにかくチャートを見ましょう。
細かい知識をつけようとしなくても良いので。

ただし、わからないなりでも良いので考えてみましょう。
「なぜ上がっているのか」「そこで止まるのか」「一気に動くのか」等々

あと、過去の過熱したときの相場と、
そのときの状況をネットで調べるなりして、
振り返ってみましょう。

美味しい相場には罠があります。
そして、大衆は周りの状況に流される傾向があるので、
そこをうまく利用されてやられることが多かったり・・・

 
<編集部からのおすすめ>

投資で怖い思いをしないためには、
勉強はとても大事です。

そこで大事なのが、
「誰から学ぶか」ということ。

「第一線で活躍している、プロの話をセミナーで聞いてみる」
のも、選択肢の一つに加えてみませんか?

限定50名様のセミナーですが、
まだ少しだけ空きがあるみたいです。

詳細はこちらからどうぞ

メールだと見逃してしまいがちな大切なお知らせも、
LINE@なら見逃しにくくなります。

投資の学校公式LINE@なら、
あなたのスマートフォンに、
投資の学校からのとっておきの話が届きますので、

「あ、あの講座見逃してた……」
なんて心配からは解放されるはずです。

ご登録はこちらからどうぞ

失敗は成功の元、損は利益の元、全て自分次第

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

さて、8月になりましたね!
気持ちを新たに、今月も楽しく、本気でいろいろと取り組めたらと思います(-ω-)/

つい先月が1月だったかのような月日の早さを体感してしますが、
1日1日を一生懸命生きれば生きるほど体感速度は上がっていくのかもしれません。
(かといって、毎日一生懸命かと言われれば・・・以下略)

または、変わり映えのない毎日を過ごしていても体感速度は年齢とともに
上がっていくのかな~なんて最近は思います!

どうせなら、毎日を一生懸命に生きて、変化や刺激があってあっという間に過ぎる方が
私はいいな~と思っていますΣ(・ω・ノ)ノ!

ということで、今回は主に「失敗は成功の元、損は利益の元、全て自分次第」という題で、
私の考えを書いてみようかなと思います。

正直、内容上手くまとまっていないのでさらっと読み流してください←

 

失敗は次に活かさなければただの失敗

生きている中で、トレードをしている中で、
失敗はたくさんあると思います。

○○円損したとか、騙されたとか、○○やらなきゃよかったとか・・・

そのときって、自己嫌悪に陥ったり、誰かに怒りをぶつけたり、
何もかもうまくいかないんじゃないかって思いこんだりしちゃうことも
あると思うのですが、

できるだけそのときだけに留めておきましょう!(^^)!

難しいかもしれないですが。
それしかないと思います。

失敗からくるストレス行動はさらなる失敗を生みやすいです(;´・ω・)

 
トレードの話で言えば
私は以前、ドル円で稼いだ利益を
ポンド円で全て吹っ飛ばしたり、

スキャルピングで積み重ねた利益を、
スイスフラン円で吹っ飛ばしたこともありますが、

そのときは少しの金額でも痛い金額でした。
とてもストレスだったし、FXは向いてないんじゃないかと思いました(;´・ω・)

損をしたあとに感情的になってさらに損をして、
かなり悔しい思いをしたりしましたね_(:3」∠)_

ただ、悔しい思いをしながらもあるとき冷静になって、
どうしたら勝てるようになるのか、
稼いでるひとはどうしてるのかを必死に考え、調べたりしました。

そして、(いろいろ説明すっ飛ばしますが)その経験から、
負ける原因を潰し、優位性の高いトレード方法を見出し、
今の稼げる状態になりました。

きっと、みなさんもそのような道を通ったり、
いま通っているのかもしれませんが、

人は基本的に大きな失敗をしないと、
新たな道を探したり、今までの行動を改めたりできない生き物だと私は考えます。

例えば普段の生活でも、
何か大きな病気にかかったり、診断されない限りは、
自分で不摂生な生活だと分かっていても改められなかったりします。

ただ、逆にそれをきっかけに生活を改めて、
今までよりも良い人生をおくれたりするでしょう。

ある意味、大きな失敗みたいなものは、
人生において重要な役割をすることもあるんです。

 
トレードにおいても、
正直なことを言ってしまえば、一度は大きな損をすることで、
今までのトレード方法や、取り組み方を改善するようになりやすいので、
長い目で見ればプラスになる可能性を秘めています。

「既に大損を経験してるけど、稼げるようになってねーよ(‘Д’)!!」
っていう人もいるとは思うので、一概には言えませんが。

今までに大損した人、失敗した人は、
今一度、なぜ大損したのか、失敗したのかを
死ぬほど真剣に振り返って考えてみてくださいm(__)m

練習なんてしないでただ欲のままにトレードしてなかったかな、とか
誰かに言われるがままに投資する対象やタイミングを選んでなかったかな、とか
考えるのがめんどくさいからとりあえず勘や勢いだけでトレードしてなかったかな、とか・・・

何かに失敗するときは必ず原因があります。

ただ、大抵の人は失敗から目を背けたり、
失敗の原因を探ることすら怠ったりします。

でも、失敗こそが成功への近道だと思います(∩´∀`)∩

かくいう私自身は今現時点で、私の基準では成功していると思いませんけど、
確実に以前よりも成長し、トレードにおいて成功に近づいているという自負はあります(‘◇’)ゞ

それは、なにより失敗から学び、検証と練習によって、
負ける原因を潰してきたからです。

 
失敗は失敗のまま終わらせてしまったら
本当に失敗で終わってしまいますが、

失敗を次に活かすことができれば、
失敗も成功のうちになります。

つまり失敗ではなかったことになります(・∀・)

 

トレードで稼ぐための鍵

トレードにおいて、
真面目に勉強したり、難しいことをしたり、
高学歴だったり、素晴らしい肩書があったり、
経済に詳しかったりしたら

稼げるとは限らないです。
(特に、トレードで稼ぐのに年齢や肩書って関係ないです)

 
いかにチャートと向き合い、
どんどん実践し、失敗し、失敗の原因を潰していき、
可能性の高いポイントで行動できるか。

が鍵だと思います。

 
トレードで損(失敗)をしてしまったら、
それは稼ぐための良い材料になります。

損をするには原因がありますから、
その原因をまずは一つずつ潰すことに集中しましょう。

 

負けなければおのずと勝ちになる

あと、私の好きな言葉に

「負けなければおのずと勝ちになる」

という言葉があります。

負けないためには、負ける原因を潰すことが先決であり、
負ける原因が減っていき、段々と勝てるポイントに絞ることができれば、
トレードはトータルで利益を残すことができます。

 
初心者の方は特に「勝率」や「聖杯」に目を奪われがちですが、
トータルで稼ぐためには、そこではなく、

例えば、
・負けるパターンは何か
・優位性の高いポイントはどこか
・どうやってチャンスを絞るか
・負けるときにどうやったら上手く負けれるか

などに注目してみてください(V)o¥o(V)

極端な話、勝率が20%でも30%でも、
負けるときに小さく、勝つときに大きく勝てれば
トータルで利益は残ります。

ただの勝率よりも、1回1回のトレードを丁寧に、
優位性の高い、確率の高いポイントに絞って、
なるべく大きく確実に利益につなげられるようにしましょう!

 
と、ここまで色々書きましたが、
所詮は私自身の考え方に過ぎないので、
さらっと聞き流し、見流していただければと思います(=^・・^=)

ただ、「失敗は成功の元」
これはいつの時代も変わらないひとつの大原則でしょう。

(なんとか上手くまとまったかしら。。。w)

 
<編集部のおすすめ>

便利なチャートと多数の機能を備えているにも関わらず、
誰でも・無料で利用できるトレードツール・MT4。

そのMT4が使えるFX会社の一つが、
FXTFです。

取引サーバー・営業拠点・カスタマーサポートは
すべて国内に拠点を構えているので、
安心してご利用いただけます。

パソコンがMacの方でもウェブ版MT4が利用できたり、
公式ブログ・動画セミナーなどでの情報発信を
積極的に行っていたりなど、
きめ細かいサービスも魅力です。

口座開設はこちらから!

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

投資は「特に」自分の頭で考えることが重要

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

7月も、もう終わりです~!

みなさんは、
今月は何か成長したことや進展したことはありましたでしょうか。

または、トレード成績はどうでしたでしょうかΣ(・ω・ノ)ノ!

私は今月ほとんどトレードできませんでしたが、
ちょこちょこスキャルピングで獲ることはできました(‘◇’)ゞ

ダイエットも調子よくいきたいものですが、
暑いのに食欲はなかなか収まらないものです( ;∀;)

 

自分の頭で考えるのが重要

私はよくツイッターを見るのですが、
結構な割合で、「この銘柄は上がりますかね?」とか
「ここからドル円上がりますか?」という質問などを見かけます。

他力本願なのだと思いますが、
当然のこと、それで一時期稼げたとしても、
その人に成長はなく、いつか稼いだ分を損してしまう可能性が高いのではと思います。

やはり、自分で稼ぐ能力を身に付けるというよりも、
「とりあえず早く稼ぎたい」という考えだと思いますが、

投資をやるからには、自分の考え、技術で稼げるようにならないと、
損をしたときに人のせいにしてしまったり、
参考にしていた人がいなくなったときに、
突然稼げなくなる可能性だって十分にあります(; ・`д・´)

仮に質問をするとしても、
・どのような理由でその銘柄を選んだのか
・どのような理由で上昇すると考えたのか

とかっていう部分を聞くべきなのかな~と思います!

初心者の方などは、右も左もわからない状態なので、
ついつい、いろいろすっ飛ばして質問することもあると思うので仕方ないと思いますが、

質問の内容は自分の技術や知識が増えるような内容にすることで、
成長できますし、自分で稼ぐ力をつけていくことができるようになっていくでしょう。

そのとき上がるか下がるか、ではなく
どうしてそのように考えたのか、そうなったのか
という部分に注目してみてください!(^^)!

 

チャートを見るときも自分で考えてみる

値動きには何かしらの理由があります。

ファンダメンタルもそうだし、
ただ、FXに関してはテクニカル。

特に1時間足以上の時間足を見てトレードしているトレーダーの動向が、
非常に重要だと思います。

なので、
私たちも、大きな時間足を見てトレードしているトレーダーの思惑を
少しでも的確に読み取れるように、

チャートを見て自分でよく考えてみるのが良いです。

たとえば上記チャートを見て、

・なんで上昇していったり、下降していったりしているのか
・なんで反発して下降していくのか

とかを考えて、理由探しをしてみるのです。

そうすると例えば、

こういう風に考えられたりとか。

こうやって、根拠、推測を立てたうえで、
実際に過去チャートを見てみる。

それをたくさん繰り返すうちに、
段々と、値動きの理由だったり、クセが
自分の中で理解できてくるようになるはずです!(^^)!

それが事実に対して正しいかどうかは、
誰もほとんどわかりませんが、

利益を獲れる可能性を高めることが目的なので、
とにかく、なるべく的確に未来の値動きを、
過去のチャートから見出したデータ、経験、根拠から予測し、
自信を持ってトレードすることが秘訣かと思います(/ω\)

 

<編集部のおすすめ>

便利なチャートと多数の機能を備えているにも関わらず、
誰でも・無料で利用できるトレードツール・MT4。

そのMT4が使えるFX会社の一つが、
FXTFです。

取引サーバー・営業拠点・カスタマーサポートは
すべて国内に拠点を構えているので、
安心してご利用いただけます。

パソコンがMacの方でもウェブ版MT4が利用できたり、
公式ブログ・動画セミナーなどでの情報発信を
積極的に行っていたりなど、
きめ細かいサービスも魅力です。

口座開設はこちらから!

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

勝ち組トレーダーの視点について考える

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

なんだかんだ今年の夏もあっという間に終わる気配を感じつつ、
この夏の感じ、雰囲気にワクワクしております。

東京でも気温が30度後半を超えるという猛暑・・・
とても外に出たくないですが、出ないわけにはいかないので、
日焼け止めは塗っているものの、
それでもどんどん日焼けしてしまいます( ;∀;)

人目を気にせず日傘を差したいところですが、
どのみち煩わしいw

さて、今回は勝てているトレーダーの視点について
考えてみましたので、以下お読みいただければ幸いですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

勝てている人の視点と負けている人の視点

FXはゼロサムゲームと呼ばれていますが、
確かに勝者がいれば敗者がいる世界です。

勝者と敗者の定義をどのようにするのかにもよりますが、
ここではトータルで稼いでいるひとが勝者で
敗者はその逆です。

ところで、この相場の世界、
なぜ勝者と敗者がいるのでしょうか。

・十人十色、手法が違うからでしょうか。
または、手法がそのときの相場に合っていないからでしょうか。

しかし同じ手法を学んでいても勝者と敗者はいますし、
長年同じ手法を使っていてもトータルで負けているひとはいます。

では、
・運用資金が違うからでしょうか。

しかし、何千万、何億の資金で運用している人でも
トータルで大損している人を何人か見たことがあります。

 

これに関しては明確な答えはないのかもしれませんが、
私的に言えば、

「視点」が違うのです。

トレードでなくとも、
基本的に世の中の「できる人」と「できない人」は
視点が違います。

その物に対する見え方だったり、考え方がそもそも違います。

例えば、史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太さん。
彼の凄さはここで語るまでもなく凄いと思うのですが、

とある記事で藤井聡太さんを小学生時代から知っているという
若島さんという方が、

‟「広瀬戦の4四桂のように、普通の人には見えない手が見える。これは詰将棋から来ている感覚なのかもしれません。つまり、詰将棋では普通『ありえない』手がありえるということ、将棋の可能性として、盤にはとんでもない手が眠っているということ、そういう認識がどこかで藤井くんの読みの中に感覚として身についているのではないかと思っています」 ”
※AERA 2018年3月5日号から引用

という風に語っていました。

ここで最も重要だと思うのが、
「普通の人には見えない手が見える。」
「そういう認識がどこかで藤井くんの読みの中に感覚として身についているのではないか」

という部分です。

できる人はできる人の見え方(見方)があり、
できない人には同じ物が目の前にあっても
できる人とは違う見え方をしてしまっています。

それはセンスという部分も多少はあるかもしれませんが、
それ以上に、やはり「経験」や「気づき」が足りないのかもしれませんし、
トレードで言えば、認識方法が身についていないのです。

例えば簡単な例で言えば、

「小さい時間足しか見ていない」とか
「上位時間足のトレンドを無視してる」とか

超短期のスキャルピングをする人でも、
大きな流れというのを把握していないと、
積み上げた利益を吹っ飛ばしてしまったりします。

ポジポジ病になっている人で稼げていない人は、
ポジションを常に取りたくなってしまうようなチャートの見方をしているから
そうなりやすかったりするし、

「早く稼ぎたい」「チャンスはいっぱいある」という、
典型的な負けている人たちに多い考え方を持ってしまっているので、
トータルで稼げなかったりするのです(; ・`д・´)

私が知る限り、
稼いでいるトレーダーの多くは、
一つの時間足だけでなく、複数時間足を見て
大局の流れを把握しながらトレードしています

大局の流れが把握できているからこそ、
短い時間足の動きに右往左往することがほとんどなく、
短期トレードでも利益を積み重ねることができます。

また、大局の流れを把握することで、
戦略が立てやすくなり、まず「勝負すべきところとすべきでないところ」を
分けることもできます。

さらには、「この動きがきたらこうしよう」とか、
「このパターンがきたら大きく勝負していこう」とか、
そういった臨機応変な対応も、大局を見ているからできるのだと感じます。

トレードはいかに「待つ」ことができるか、
いざとなったときにいかに「チャンスに乗れるか」というところが非常に重要ですし、
戦略、つまりトレードのシナリオを、大局の流れに合わせて立てられるようにならなければ、
ほぼ目隠しした状態で相場という戦場で戦わなくてはならないのです(/ω\)

 

単純な話ですが、
稼いでいるトレーダーの視点で、考え方で、チャートを見ることができれば、
あとは練習して感覚を身に着ければ圧倒的に成績が変わってくるんじゃないかと思います。

私が専業トレーダーの方に教わったときは、
今までの勝てないトレード方法は一旦ゼロにして、
素直に学び、その学びを実践していくうちに、
本質が見えてきて、そこからやっと必要なものと不要なものが分かってきたので、
シンプルに、必要なものだけを取り入れて最終的に成績が安定してきました(‘◇’)ゞ

 

まずは、どうやったら無駄なトレードをせずに利益を獲り続けられるかを
試行錯誤してみましょう。

そのためには、過去チャートを見て、
・大きい流れに逆らわない
・動きづらいところと動きやすいところがあることを知る
・トレンドとレンジはどうやって把握するのかをシンプルに考える
・大きく反発しているところはなぜ反発したのかを考えてみる(ライン引いてみるとか)

っていう感じで、
色々と疑問を持ちながら値動きの理由などを考えてみるようにしてみましょう!

そうすると「気づき」が生まれるので、
それをしっかり自分の頭にストックしていくことで、
段々と相場を見る目(視点)が養われていくと思います。

 

<<編集部よりおススメ>>

全く未経験から始めたFXで、
「カリスマ主婦トレーダー」
と呼ばれるほどの成果を出した
大分出身の普通の主婦。

彼女が「普通の主婦」から
「カリスマ主婦」へと変貌を遂げた秘密を、
無料で今だけお教えします。
↓↓↓
ご登録ページはこちら

◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆
LINE@限定の特別なお知らせを配信しています!
ご登録はこちらのページから、是非どうぞ!!!
↓↓↓
こちらからどうぞ

相場に対して心を無にする

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

まずは、西日本豪雨の被災で亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、
被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。
 

最近、ここ数年、日本では自然災害が多いように感じます。
地球規模で何かが起こっているのか、人為的な何かが働いているのかは、
定かではありませんが、いつ何時に震災が起こるか分からないので、
常に準備をしておくことが必要だと改めて思いました。

ということで私は震災グッズ一式と水と、日持ちする食糧を買い貯めました!
役に立つかどうかはわからないですが、わずかなリスクで
大きなリスクを回避できる可能性を高くすることができます(‘◇’)ゞ

被害に合われていない地域の方も、
他人事とは思わずに、しっかりと準備しておくのは必要不可欠だと思います!

 

ということで、話題を変えて(-ω-)/

すでに神奈川県にある由比ヶ浜は海開きをしているようで、
私は暑いのは大嫌いですが、今年も海へは行きたいです!(^^)!

夏の雰囲気は四季の中で一番好きなので、
できれば色々なところへ行きたいのですが、
なかなか行けずに毎年終わってしまいます!(;・∀・)

ちなみに、皆様はどこかへ行く予定などは立てているでしょうか?( *´艸`)
(めちゃくちゃ暑そうだけど沖縄行きたいな・・・)

あと、夏はお酒を飲みたくなるけど、
控えめにしないと通常よりも汗をダーーっとかくので、
気を付けないとかなり悲惨なことになりますw
タオル一枚では足りない(泣

 

相場に感情を持ち込まない

トレードをしていくうえで、
感情というものはどうしてもついて回るものだと思います。

やはり稼ぎたいという思いで相場に参加する人がほとんどですし、
稼ぎたいという欲は感情を強く引き出すのですね(;´・ω・)

 

しかし、今までのご自身の負けトレードを
今一度振り返ってみてください。

ほとんどが感情に左右された故の負けトレードではないでしょうか?

特に、一度負けた後に取り返そうとムキになったり、
ちょっと大きく動いたからと機会損失を恐れて飛び乗ったり。

たまに勝ててしまうこともあるでしょうから厄介ではありますが、
感情が絡むトレードはいつか大失敗する可能性が高いです。

私自身は感情を完全にオフにできているかといえば、
できていないときもありますが、今やトレードのほとんどは無感情で行っています。

利益を獲り逃しても次にチャンスがあると分かっているし、
一度損失を出しても許容の範囲内で収めているし、
結果的に利益を伸ばせなくてもマイナスでなかっただけで儲けもん

という風に考えられるようになったことが大きいと思います。

しかし、大体の人は
そのときのチャンスを逃せばムズムズしてすぐトレードしたくなったり、
一度損失を出せばその分、またはそれ以上に取り返そうとムキになってしまうし
利益を伸ばせなければそのあとすぐ追加分獲ろうとしてしまったり
するかもしれません・・・・

 

なぜそうなってしまうかは、いつも記事を読んでいただいている方であれば
分かるかもしれませんが、

単純に練習不足の可能性が高いです_(:3」∠)_

それか情報過多になってしまって、
トレードチャンスをしっかり絞れていないとか。

色々な手法、ルール、知識を取り入れようとした結果、
本来重要な「チャンスを絞る」「チャンスを待つ」ということが
できなくなってしまっているとか。

色々な原因があるとは思うので、
本当に今一度、稼げていない人は振り返ってみましょう!

 

できない原因、負ける原因を潰す

どんなことでもそうだと思いますが、
できない原因、負ける原因をまず潰さないことには、
勝てる方法を取り入れようとしてもほとんど無駄になってしまいます。

むしろトレードにおいては、稼ぎ方は十人十色なので、
本質的な部分は知る必要はありますが、
何よりも負けトレードを潰していかないことには、
スタートラインにも立てないでしょう。

 

最終的には機械的にトレードする

最終的には機械的にトレードすることが重要だと思います。

世の中には、感情を排除した「自動売買」などもありますが、
まずは、自分自身が相場の値動きの本質、クセを理解する必要があるでしょう。

どんなに優れたツールでも、一生涯稼ぎ続けられるものかどうかは保証がありません。

中には長期的にパフォーマンスが良い、優れたものもあるのは確かでしょうから、
無論、稼ぎ逃げすることができれば良いと思います。

しかしできることなら、まずは自分自身が相場の値動きというものを、
しっかり理解できるように精進すべきだと思いますし、

それが理解できるようになっていけば、
裁量トレードでも今より感情を排除して相場と向き合うことができるかもしれません。

そうなれば、やっとスタートラインに立てると思います。
稼ぎたい欲望や、感情が多分に入るうちは、
自分の許容量以上の資金(lot数)でトレードするのは非常に危険です。

資金が有り余っているくらいなら話は別ですが、
ギリギリの資金だったり、なくなったら気持ちが落ち込んでしまうような資金を
相場につっこんで感情的にトレードすることは破滅の道しか見えないでしょう。

トレードはギャンブルではありません。
トレードはビジネスであり、トレーダーは技術職であると思います。

簡単に稼げるもの、何かをちょっと勉強すれば稼げるもの
という概念を捨てて、

しっかり本腰を入れて取り組み、
残りの2018年、相場(チャート)と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

<編集部のおすすめ>

便利なチャートと多数の機能を備えているにも関わらず、
誰でも・無料で利用できるトレードツール・MT4。

そのMT4が使えるFX会社の一つが、
FXTFです。

取引サーバー・営業拠点・カスタマーサポートは
すべて国内に拠点を構えているので、
安心してご利用いただけます。

パソコンがMacの方でもウェブ版MT4が利用できたり、
公式ブログ・動画セミナーなどでの情報発信を
積極的に行っていたりなど、
きめ細かいサービスも魅力です。

口座開設はこちらから!

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

時間と欲と恐怖を制するものだけが勝者となる

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

 

今年は梅雨明けが早かったようで・・・

というのはどうでもよくて。

サッカーW杯。みなさんは観ましたでしょうか?
または観てますでしょうか(‘ω’)ノ

私は観ましたが、
実は「ベルギー戦」と「コロンビア戦」以外の
日本戦ちゃんとは観ていないです。

あとは、「フランスvsアルゼンチン戦」と「ポルトガルvsスペイン戦」を
食い入るように観ましたΣ(・ω・ノ)ノ!

強いチーム同士の戦いはあっという間に終わりますね!
面白い。

 

とりあえずまずは、日本代表お疲れ様!!ですね。
最後の試合、2-3で負けましたけど、感動したし
ワクワクハラハラして面白かったです。

FIFAランクがどれだけ正確なものかはわからないけど、
3位の相手に、61位の日本が2点を先制したのは素晴らしかったし興奮しました。

日本にもロナウジーニョとかメッシみたいな選手は出てこないのかな~
といつも思うのですが、どうなんだろう( *´艸`)

あと、スター選手のメッシとクリロナ、今回のW杯は終わってしまいましたね。
最後に激突するのを期待していただけに少し残念・・・

あとは私が一番好きなハメス・ロドリゲスを応援します(‘◇’)ゞ

 

ちなみにW杯を観ていて思ったこと

今回のW杯を見ていて思ったのですが、
やはりトレードもスポーツと一緒だなと。

相場にはブラジルやドイツとかみたいな、
強力なプロトレーダーがわんさかいるはずです。


大口だったり、大きな時間足を見て相場を動かすトレーダー達だったり。

その相場に、大切なお金を掛けて勝負をしかけていくのが
私含め、みなさんなのですが、

このカオスな相場で生き残るには、
やはり、練習あるのみです。

練習をほとんどせずにプロのスポーツ界で生き残れるスポーツ選手なんていないように、
相場で‟長く生き残る”には練習は必須です。

 

あとは戦略も大事ですね。

上位時間足を見てシナリオを立て、
それを実際のエントリーにどう繋げていくか。
どのタイミングで逃げるのか。利益確定するのか。

このパターンのときは、
どのくらいのlot数(力加減)で勝負を仕掛けたらよいのかとか。

トレードを勝負と捉えるかどうかは微妙なところですが、
とにかく、利益を残していくことを徹底していかなければなりません。

 

常に課題を見つけて、負ける原因を排除していって、
自分の手法を検証して、優位性の高いポイント・方法を絞っていくっていう。

そういうことを、今からでも、
プロスポーツ選手を目指す勢いでストイックにやっていくのが
最短で稼げるようになるための近道なのかな~と思います。

 

時間と欲と恐怖を制するものだけが勝者となる

トレードをしていて、何が安定して稼ぐことを難しくしているのか
っていうことを考えたのですが、

時間×欲+恐怖=負けトレード量産

という方程式?にたどり着きました(笑)
これはどういうことかというと、

人はポジションを持った時に、まず「時間との闘い」が始まります。

例えば目標の利確ポイントがあるとして、
そこにたどり着くまで、または利益がそれなりに出るまで
どのくらい時間がかかるかは相場次第なのでわかりません。

数分でたどり着く場合もあるし、何時間もかかる場合もあります。
またはたどり着く前に逆行して含み損が出る時間が出てくる場合もあります。

そうなってきたときに、
次は「欲と恐怖との闘い」が始まります。

目標にたどり着くまでに利益が出ていれば
・早く利確したい
・もし建値まで戻ったらどうしよう
・目標までいかずに逆行しそうだし、どうしよう・・・

という気持ちになったり

目標にたどり着くまでに含み損が出ていれば
・このままさらに逆行したらどうしよう
・多分建値まで戻るだろう(戻ってほしい)
・このまま持っていれば利益が出る自信はあるけど、もしかしたら・・・

という気持ちになったり

そうやって、
過去の失敗や、運よく利益が出たときの経験や、
見えない未来への恐怖や欲から、判断が上手くできなくなるのが人間なのです。

相場においては、ポジションを持って考える時間が長ければ長いほど、
悩んだり、負の発想が生まれ、判断を誤りやすくなる傾向にあると感じます。

さらに言えば、資金量(許容量)に対して張っているlot数が多ければ多いほど、
ポジションを持っているときに欲と恐怖が生まれやすいので、
ポジションを持っている時間が長ければそれだけ判断を誤りやすくなるのではと思います。

しかし、ここを克服していかないと、
せっかくお金を稼いで人生を豊かにするためにやっているトレードが

時間も精神もお金も縛られ続ける負の状態を作るものになってしまいます。

 

時間と欲と恐怖を制するには

では、どのようにすればよいか。

と、その前に、
正直、私もこの部分はかなり未熟です。
欲はそこまでないのですが、

少し長い時間ポジションを保有する場合は、利益の幅も考える時間も増えるので、
判断を誤ることがあります。

ある程度自信があるエントリーでも、
ポンド系でlotを張っているときは多少の恐怖もあります。

ですがなぜトータルで利益を残せるかと言えば、
上位時間足の値動き、波のパターンをたくさん見て覚えて、
実際に右側(未来)が見えない状態で予測をして当てていくという練習などをしたから
だと私は思っています。

ある程度、自分の上位時間足の読みに自信がでてくれば、
多少の含み損や、下位時間足の上下の動きには惑わされづらくなるので、
利益を獲れる(伸ばせる)可能性が高まるという感じです。

未来の値動きを予測するには、チャートの左、
つまり過去チャートからの情報も重要なので、
過去の高値安値、短期~長期のトレンドを把握しつつ予測を立てるのが
私のおすすめです。

 

あとは、
よほど短いスキャルピングでない限りは、
「チャートを見る時間を減らすようにする」のが良いです。

目標のポイントの手前や、気になるポイントにレートが達した時に、
アラートがなるようなツールを使ったりすれば、
チャートを見る時間を減らすことができると思います。

チャートや、上下する利益を見て考える時間が多いと、
判断を誤りやすくなります。

 

まず、初心者の方におすすめするのは、
「1時間足以上の時間足の動きを予測して当てる練習をすること」です。

MT4のストラテジーテスター機能を使えば、
過去チャートで倍速で動かすことができるので、
たくさん練習できます。

あとは、自信や根拠がないのに
大きなlotを張るのはやめたほうがいいですね。

 

と、ちょっと長くなってまとまらなくなってしまったので、
また次回の記事でお会いしましょうw

 

<編集部のおすすめ>

便利なチャートと多数の機能を備えているにも関わらず、
誰でも・無料で利用できるトレードツール・MT4。

そのMT4が使えるFX会社の一つが、
FXTFです。

取引サーバー・営業拠点・カスタマーサポートは
すべて国内に拠点を構えているので、
安心してご利用いただけます。

パソコンがMacの方でもウェブ版MT4が利用できたり、
公式ブログ・動画セミナーなどでの情報発信を
積極的に行っていたりなど、
きめ細かいサービスも魅力です。

口座開設はこちらから!

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

月トータルのみを考えるべし

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

 

いやー。
ついに本格的に夏がきましたね。

歩いて5分くらいで汗ダラダラです(;・∀・)

なんだかんだ、もう同じ夏を迎えるのが26回目なもので、
毎年毎年、夏がきたな~とか、冬が来たな~とかやってるわけですが、
人間、何度同じ局面を迎えても、ある程度は新鮮な気持ちになるものですね。

 

突然ですが、
私が好きな言葉、というより考え方があって。
それは、

 

「今日は、これからの人生で最も若い。」
これはもはや有名な名言、考え方だとは思いますが。

 

人生、働いていたり、
何かに熱中して過ごしていると、あっという間に歳をとるものですが、
気づいたときには、過去を振り返って後悔をしたりします。

「あれをやっておけばよかった」
「これをしたいけど、もう遅いか・・・」
「もう歳だし・・・」

とか・・・

私に関しては、まだ若いといえば若いのかもしれないけど。
人間、生きている限り歳は平等にとりますよね。

自分より若いひとを見れば見るほど、
「うらやましい」とか「あれをやっておけば」
という気持ちが生まれやすいと思うのですが、

最近は、そのような考えは
なるべく捨てなければな~と思っています。

自分の人生は自分の人生。
(もちろん、他者との関わり合いや助け合いもありますが)

いつだって、自分の人生の一番若いときは、
“今この瞬間なのだ”ということを、
しっかり意識して生きるのと生きないのとでは、
この先の人生で雲泥の差がでてくると思うのです。

人生はチャレンジの連続。
だなんて、生意気なことを言うのもあれですが、

70?80?歳でも元気でチャレンジ精神のある
「デヴィ夫人」を見ていると、そう思わされます。

人間は、チャレンジ精神や好奇心がなくなったときに
一気に歳をとると思います。

だから、常に
無理しない程度に、チャレンジ精神や好奇心を持って、
トレード然り、いろいろな物事に私は向き合っていきたいなと思う今日この頃です。

 

真面目かっ!!!!(´艸`*)

 

月トータルのみを考えるべし

さて、真面目な話をしたところで、
また真面目な話をしますがw

 

トレードをやっているみなさまは、
どのような意識でトレードに取り組んでいるでしょうか。

トレードをやっている以上、
もちろん、「稼ぎたい」という気持ちが大前提だと思うのですが、

今一度、
自分のトレードの取り組み方だったり、
取り組んできた道筋を振り返ってみてほしいなと思うのです。

 

トレードをしていくうちに、
ある段階から、道を踏み外すことがあります。

それは、

・毎回の勝った負けたに興奮を覚える
・勝つための何かを探す旅に出る
・チャンスを逃さないために相場に張り付く

とか。

 

でも、上記のような状態のトレーダーの方は、
人生のトータルでは、実は稼げていない方が多いような。

トレーダーとして生き続ける限り、
トータルで稼ぎ続けなければ、それは結果的に時間と金を浪費しているも同然なのです。

もちろん、トレードを通して出会った人間関係などはかけがえのないものなのですが、
収益として考えたときに、そこは真剣に向き合わなくてはならないところだと考えます。

 

よく、「一日○○円を稼ぐぞ!」とか「一日○○pipsを獲るのが目標」
という方を見受けますが、

私は、それは少し危険な考え方だと思うのです。

なぜかと言えば、
“その日の相場で獲れる範囲はその日によって変わるから”
です。

相場というのは、毎日同じ値幅や
ボラティリティ(値動きの変動率・勢い)で動いているわけではないです。

上位時間足がレンジに突入すれば、
1日~2日程度の単位で、下位時間足では汚い値動きになったりするし、

大きなイベントが控えていれば、その前の動きは乏しくなったりしやすいので、

毎日の決まった目標を守ろうとしてトレードすることは危険なのです。

トレードは1ヵ月単位でプラスにすることに重点を置いて、
無理なトレードや、自分が動きを読みづらい相場でのトレードは
しないようにしなければなりません。

つまり、1ヵ月単位でプラスにする目的でトレードを考えたときに、
1日~2日、3日と、トレードしない日が出てくるのは当然のことだと思います。

 

相場には常にチャンスがあるわけではありません。

仕掛けるべきところと、仕掛けるべきでないところは、
自分のトレード手法に照らし合わせて、しっかり線引きをする必要があります。

そこが線引きできていないと、
ルール関係なく、すこし大きく動いたら飛び乗って大怪我したり、
一度の負けでムキになって、根拠のない無駄なトレードを繰り返して退場したりします。

 

それを防ぐ有効な方法としては、
やはりしつこく言っているように、

上位時間足を必ず見て、ある程度大きな流れを把握すること。

値動きに慣れるため、気づきを得るために、
過去チャートで練習をかかさないことです。

 

未来の値動きは誰も100%読むことはできません。

常に100%はかなり難しい話です。

ただ、だからこそ、利益を獲りやすいポイントを絞るために、
過去のチャートから、未来を読み取る材料を集めてストックするしかないのです。

その時々の勝った負けたにしか目がいっていないと、
そういったことには気づきにくいのです。

大体の方はそこに気づけていないと思うのです。

だからこそ、気づいて実行できる人から、
稼げるようになっていけるのだと私は感じています。

1日1日を必ずプラスにしようとして無理をするのではなく、
1ヵ月単位でのトータルプラスというところに重点を置いて、
ゆとりのあるトレードをするのはいかがでしょうか。

 

<編集部のおすすめ>

東京市場、ニューヨーク、ロンドン市場で、
プロのディーラーとして活躍し、

行き着いた答え。

価格の動きを解明した、
前代未聞のロジックがここに
あります。

相場の表と裏を知り尽くす
投資の達人 矢口新先生の、

『トレード理論の秘密』

こちらからご覧ください

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

上位時間足の短期の流れを知るべし

From:もってぃ
新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

梅雨って嫌ですね・・・
ちょっと涼しいのは良いのだけど、
洗濯物が大変で大変で・・・(;・∀・)

てことで、最近読んだオススメの本を1冊紹介します。

著:マツコ・デラックス
デラックスじゃない

shisei_man_good

私は好きな芸能人が数少ない中で、マツコデラックスは好きなのですが、
この本は、今のマツコに至るまで出来事を語った本で、
何かためになるかといえば、?ですが単純に面白いです。

トレードの息抜きにぜひ(‘ω’)ノ♪

 

上位時間足の短期の流れを知るべし

今まで私は、
練習することや
上位時間足も見ることが重要ということをお話ししてきました。

基本的に、短期トレードであれば、
上位時間足で環境認識をして、
下位時間足で細かいエントリーポイントを探るのが、
利益を獲りやすい方法だと考えているわけです。

その中で、多くの方はそもそも
「環境認識」でつまづいてしまうのかと思います。

そこで今回は、「上位時間足の短期の流れ」についてを中心に
かいつまんで、ちょこっとだけお話します。

これを知ると、環境認識の幅が少し広がるかもしれません。

 

小さい時間足での動きを大きい時間足に当てはめる

まずこちらをご覧ください。

<1分足チャート>

これは1分足ですが、
赤(短期:期間20)と青(中期:期間26)のEMAを入れています。

ちなみにEMAの期間はなんでもよいです。
ご自身の好きな短期EMAの設定に、
1.3を掛けた数字を足したものを中期のEMAとするのが
私的には良いかと思います。

そして、
赤が青より下の場合は下降していきやすく、
赤が青より上の場合は上昇していきやすいという考え方です。

ここで、スキャルピングをするのであれば、
赤が下になったら売り、赤が上になったら買いを入れればよい、
と言いたいところですが、
短い時間足であればあるほどダマシが多く、
値幅も獲れないので、あまりよろしくありません。

しかし、上記1分足と同じチャートを、
1時間足に当てはめてあげることで、
事情は変わってきます。

<1時間足チャート>

こちら1時間足チャートで、
先ほどの1分足チャートと同じような値動きをしている場面です。

こちらも1分足と同じように、

・赤が上なら買い方針
・赤が下なら売り方針

また、

横ばい(平行気味)になっている部分はレンジとみなし、
トレードは控えるといった感じです。

一般的に、移動平均線はクロスでエントリーを考えるわけですが、
私の場合は基本的にそうではなく、

「流れが確定してから押し目・戻りを狙っていく」

という考え方になります。

上記1時間足チャートの場合、1分足と同じような値動き(流れ)でも、
下位時間足で押し目・戻りを狙うことができ
1分足の短期的な流れを見るよりもしっかり利益を狙いやすいのです。

1分足の値動きは、下の時間足がないので細かいポイントは
1分足自身で行うしかありません。

10秒足チャートやティックチャートはありますが、
私は特に初心者の方にはおすすめできません。

なので、1時間足などの上位時間足の短期の流れを軸とした場合、
(私は1時間足を軸としています)
その下の15分足、5分足、1分足という下位時間足が存在しているので、

軸の時間足の短期の流れを把握しながらも、細かい分析、
細かいエントリーポイントの発見が容易にできるようになっていきます。

さらに、同じ短期の値動きでも、
1分足や5分足とは値幅が違うので、大きな利益も獲りやすいです。

さらにさらに、
1時間足以上の上位時間足ではラインが機能しやすい、
というより意識されやすいので、
上げ止まりそうなところ、下げ止まりそうなところなどもある程度把握できるので、
短期的な流れを読みつつ、目標も決めやすいのです。

 

軸より上の時間足も見る

上記では1時間足の短期の流れを軸としているとお伝えしましたが、
1時間足より上の短期的な流れを把握することも重要です。

例えば、下記は先ほどの1時間足チャートに
1つ上の4時間足チャートの短期の流れ(EMA)を入れたものです。

<1時間足チャート②>

各時間足の短期の流れを把握する重要性は
少しお分かりいただけるでしょうか(‘◇’)ゞ

上記チャートは、
4時間足の短期の流れと1時間足の短期の流れを
同時に把握しているのですが。

どちらの流れも揃っているとき、
相場の方向性は強くなることが非常に多いです。

なので、私のような短期トレーダーの場合、
この上位時間足の流れを把握し、どこで入るのが適切なのかを、
下位時間足で探る作業になるのです。

また、移動平均線は「抵抗帯」としても機能しやすいので、
エントリーの根拠のひとつとなります。

ということで、
多くを語りすぎてしまいました・・・w

私が人にトレードを教えるときは、
上記のようなことをさらに深堀し、
実際にどのように下位時間足でエントリーポイントを見つけるのか
ということを細かく教えていきます。

トレードは「気づき」が大事です。

重要なことに気づかないままだと、
いつまでたっても手法探し、インジケーター探しの旅は終わりません。

世の中、手法や知識、ツールはたくさんありますが、
必要なことは意外と少ないものです。

ということで、
今回も、気になることなど何でもコメントくださいましm(__)m

エントリーが大事?利確が大事?損切りが大事?

From:もってぃ
新宿のオフィスから
 
 

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです
 
 

毎日汗が止まりません・・・

汗っかきは夏、非常につらいのです(; ・`д・´)

よく、「代謝が良いってことじゃん、うらやましい~」
と言われるですが、ぜひとも体質を交換してほしいものですw

最近、本格的にランニングを生活に取り入れ始めまして、
ジム週2回で1回30分、週1回は外で5km,のランニングを、
今のところ継続できています。

3日坊主?

知りません、その言葉。笑
おそらく継続するでしょう。

やはり、運動をして思うことが、
体は大事。最も大事。

不健康だと集中力も低下するし、
記憶の定着も悪くなりやすくなり、
結果的に他のことにも影響するので、
食べ物と運動というのは基本的だけど、
ある意味、お金を稼ぐということにもつながっていくのかなと思います。

 

エントリーが大事?利確が大事?損切りが大事?

今回は基本的な部分に立ち返って、
トレードにおいて何が大事なのか、最も大事だと私が考えているのか
ということでお話ししていきたいと思います。

 

トレードで利益を得るためには、
まず、必ず「エントリー」をしなければなりません。

そのうえで、利益が出れば「利益確定」をどこかでするし、
エントリー方向から逆行すれば「損切り」をする“かも”しれません。

この、“かも”というのは、
損切りをしなかった結果、最終的にエントリー方向に戻り、
利益が出て、万々歳になるひともいるということです。

そして、今後トレードをしていくうえで、

・エントリー
・利益確定
・損切り

どれが最も重要だとみなさんは思いますか?(=゚ω゚)ノ

もちろん、全て重要なのは前提です。
ただ、そのうえでどれを最も重要視することで
相場で生き残ることができるでしょうか。

 

私が考える最も重要なもの

それは、「利益確定」「損切り」です。
賛否両論はあるかもしれないですが、

なぜかと言うと、
(そもそもエントリーを適当にしているというのは論外ですが、)
「エントリー自体」は難しいものではないと思いますし、
よほど勘や適当でなければ問題ありません<(_ _)>

ただ、問題はその後です。

 

ほとんどの方は、自分の手法や、
トレードパターンがあってエントリーすると思うのですが、
それでもなぜ負け続けたりするか。

それは「利確のタイミングと損切りのタイミングの判断が上手くできていない」
というのが事実なのです。

 

ただ、トレードに正解はないと思います。

思いますが、利益につながらず、
損をしてしまったということは、
結果的に上手くなかったということになるのです。

もちろん、損をして
「本気で勉強しようと思った」「何かに気づいた」
という意味であれば後々のプラスにはなるのですが。

そうでもなければ、ただの損になってしまうし、
何度も繰り返すべきではありません。

 

今一度、トレードで利益を獲り続けるためには、
利益確定と損切りのタイミングがいかに重要かを
考えてほしいのです。

 

多くの方はエントリーに注目しがちですが、
エントリーをするときにも、
まず、「出口」と「逃げ方」がある程度決まっていなければ、
そのエントリーは適切なものではないかもしれません。

エントリーをすること自体は誰でもできるし、
エントリーポイントも、トレンドさえある程度把握できていれば、
難しいものではありません。

しかし、利益確定と損切りに関しては、
上手くできる人というのはかなり少ないと思うのです。

逆に、利益確定と損切りが上手くできるということは、
相場で生き残る可能性がグンと上がるだけでなく、

エントリーするポイントも絞られてくるはずです。

「損したとしても傷が浅く、
逆に○○pipsくらいの利益を獲りやすいポイントはどこなのか」

事前に目標や目安を定められると、
相場の動きに惑わされることは減るでしょう。

逆に、エントリーすることばかりに注視してしまうと、
利益確定や損切りが適当になるので、
精神的にも、相場の動きにかなり左右されることになります。

 

あ、あとここで良い例えがありました。(突然w)

柔道でまず練習するのは受け身ですよね?(/・ω・)/

スノボーを始めるときに、
まず練習するのって転び方ですよね。

トレードも、負け方をまず重点的に勉強して練習した方が良いです。

ほとんどのスポーツにおいて、
おそらく怪我をしないために、受け身や転び方を覚えると思うのですが、

トレードの世界も、常に大怪我する可能性があります。
むしろトレードの世界の方が、資金が吹っ飛ぶという大怪我をする可能性が高いです。

どれだけ良いエントリーができても、
それを大きな利益にできるか、ちょっとでも利益にできるか、
それとも損失にしてしまうかは、

全て、利益確定と損切りのテクニックや考え方にかかっています。

どこで入っても、利確と損切りが上手くできるひとは大きく負けずに、
逆に利益を残せたりしますが、

利確と損切りが上手くないひとは、
たとえ最高の入り口から入れたとしても、
それを生かすことができずに、相場から退場する可能性が高いです。

 

全てはその日の相場次第

あと、

「10pipsで損切り」
とか
「今日は○○円獲れるまで頑張る」
とかは、

やめた方が良いと思います(;・∀・)

どっちへ動くのか、どれくらい動くのか、
全ては相場次第で、

それを何も考えずに、損切り幅を数値で固定するのは、
無駄な損切りを招く可能性が高いし

その相場のボラティリティやトレンドを把握せずして、
○○円獲るまで帰れま10みたいなことしていると、
そのうちやられる危険性大です。

常に相場に対して謙虚であったほうが良いです。

獲れる範囲で、
全て獲ろうとせずに、
ちょろっといただく。

ということを徹底していけば、
特に短期トレードの場合は
生き残れる可能性が高まるというのが、
私が今感じていることです(´艸`*)

忙しい人はボラティリティ重視

From:もってぃ

新宿のオフィスから
 

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです
 

先日は会社対抗のフットサル大会に参加しました!(‘◇’)ゞ

投資の学校のスタッフ等々、
約10人程で。

おそらく10年ぶりくらいに激しい運動をしたんじゃないかと思うのですが、
開始2分くらいで走って息が途絶えました・・・(PKは決めましたw)

 

心から運動不足を感じました。

ダイエットのためにスクワットなどは取り入れ始めましたが、
そこまで体力が増えるわけではないので、
体力をつける運動をしなくてはといけないなと思いました(; ・`д・´)

フットサル大会が終わって感動したのが、
「体が軽い!!!」

久々に感じた体の軽さ。

よほど体に毒素が溜まっていたんだなと。

てことで、感動のあまり
運動にハマってしまいました←

時間を作ってジムで30分走ることにしまして、
早速次の日に30分走ったのですが、

もう爽快!!
運動、最高www

3日坊主にはならないでしょう。

ちなみに体重を計ったら、74.4kgでした!
1月から約4kgぐらい減りました(少なっ)

きっかけってとても大事ですね。

 

ボラティリティは意識していますか?

ボラティリティ(価格の変動率)は
簡単に言うと、いま相場が元気かどうか。

値動きが活発かどうかっていうことです。

チャートを見たら一目瞭然。

【素のチャートで見た場合】

【私のチャートで見た場合】

なんとなく分かりますでしょうか。

トレンドが把握できていて、なおかつボラティリティが高いときを狙うことで、
短時間でトレンドに乗って利益を獲ることができます。

また、東京時間は値動きが乏しいとよく言われますが、
東京時間でもボラティリティが高い時は多々ありますし、
上位時間足のトレンドに沿ってトレードすれば利益を獲りやすいです( *´艸`)

逆にボラティリティが低いときは方向感もほとんどなく、値動きが汚いので、
ポジションを持ってしまうと、長い時間ポジションを保有することになりがちなので、
ストレスを感じたり、無駄に損切りしてしまう可能性があります。

このようなときに無理にトレードするのはあまり望ましくないでしょう。

 

ボラティリティの判断方法

ボラティリティの判断方法は、
ローソク足でも可能だし、難しい方はボリンジャーバンドを使用するのもアリでしょう。

ただ、ボラティリティが高いところを狙っていくとしても、
上位時間足のトレンドを把握していないと、
トレンドに逆らったエントリーをしたときに、ドカンと損する可能性もあるので、
ボラティリティとトレンドは2つで1つと考えたほうがよいでしょう。

 

悪魔の通貨、ポンド

基本的に、ボラが低い通貨ペア代表は「ユーロ/米ドル」で、
比較的安定して動きをしやすいです。

逆に、トレンドが明確に出ていないと、
なかなか値幅が獲りづらかったりします。

その点「英ポンド」絡みの通貨ペア、
特に「英ポンド/円」「英ポンド/米ドル」はボラティリティが高く、
大きく乱高下しやすいので、スキャルピングなどの短期トレードをする場合、
大きく利益を獲りやすいです。

が、逆に
トレンド判断が出来ず、慣れていなかったり、
自分の許容値以上のlot数を張ってしまうと、大きく損する可能性も高いです(;・∀・)

初心者の方は練習してからが良いですが、
忙しい人はドル円だけでなく、英ポンド絡みの通貨ペアもトレードできるようになると、
米ドル円などの値動きが乏しいときや、
逆に全体的にトレンドが出ていて、ボラティリティが高いときは、
英ポンド絡みの通貨ペアでトレードすると、短時間で大きな値幅が獲れるので、
オススメといえばオススメです(*’ω’*)

ただ、
欲張らず、感情的にならず。
ということを守れない人は痛い目を見るかもしれないので、
ドル円やユーロドルなどで慣れてから、たま~に見てみるくらいでも
最初は良いと思います!

 
<編集部のおすすめ>

テクニカル分析の権威として
多くの一般投資家から支持されている
平野朋之先生が、

1日たった10分で堅実に利益を積み重ねる
新しい副収入源の作り方を教える
ビデオ講座を公開しました。

しかも今なら、
このビデオ講座を無料でご覧いただけます。

今すぐ無料でビデオを視聴する

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

相場を作るのは中長期トレーダー

From:もってぃ

新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。
 

最近はトレードを人に教える機会が増えてきたのですが、
その中で「教える」ということについて思ったことがありました。

 

人は、自分ができることや、できるようになったことに関して人に教えるときに、
初心者目線になって教えることができなかったりします(;´・ω・)

というのも、その人の中では当たり前のことなので、
なかなかできない人に対してストレスを感じやすいのです。
 

・なぜこんなこともすぐ理解できないのだろう
・そのくらいすぐ覚えられるでしょ
・なぜそんな考え方になるんだろう
とか。
 

しかし、よくよく考えたら、
分からないことをすぐに理解できる人や、
すぐにできる思考になれたり、
技術が身につく人の方が世の中少ないんじゃないかと思うのです。

教わる側の取り組む姿勢や割く時間、努力の度合い、
何よりその物事が好きかどうかにもかかってくるのですが、

教える立場としては、
自分が初心のころはどうだったのかを思い出しながら教えなければ、
人によっては何も伝わらなくてつまづいてしまうのではないかと思いました。
つまり双方の時間の無駄になってしまう可能性があるのです_(:3」∠)_

教える側も時間が限られていたりするので、
教わる側は、5の教えがあったら10まで持っていく努力も必要だと思います。

教える側がしっかり初心に帰って教え、
教わる側も全て他力本願ではなく、その物事に集中してどんどん吸収して、
自発的に工夫して、好きになることができれば、
かなり効率が良いと思うわけです。

 

相場を作るのは誰?

相場には「トレンド」と「レンジ」があります。

上にいったり下に行ったり保ちあったり・・・

 
では、この上下の動きや保ちあったりする動きは、
一体誰の仕業なのか。

一つは実需の動きというのもありますが、
大抵の場合は、中長期のトレーダーだったりします。

1時間足、4時間足、日足、週足など、
いわゆる上位時間足と言われている時間足を見てトレードする人たちがいるわけですが、
そのような人たちは1分足や5分足を見てトレードする「短期トレーダー」よりも
資金力があるので、相場を動かす力があるのです。

 

つまり、私のような短時間でトレードをするトレーダーの場合、
トレンドやレンジを判断するうえで、1時間足、4時間足、日足の情報というのは、
非常に重要になってきます(=゚ω゚)ノ
 

現在の上位時間足のトレンド、大きく動きそうなポイントなど、を判断できないと、
下位時間足で余計なエントリーをしてしまい、
エントリー後大きく逆行してしまったりする可能性が高いです。

 

余計なエントリーを減らし、
逆に大きく獲れそうなところでエントリーしていくためには、
大きな時間足の情報というのは絶対に見た方がよいと思います(‘◇’)ゞ

ただ、見方がわからないという方もいると思うので、
そういった方は、まず「移動平均線」を入れてみてください。

まずは期間「20」「50」などの一般的なものを入れて、
上位時間足(1時間足~日足)のトレンドの有無だったり、反発点(押し目・戻り)を
見つけてみてください。

そして、
上位時間足で見つけたトレンドや反発点に対して、
下位時間足でどうやったらエントリーにつなげられるのかを、
真剣に考えてみてください!

そしたら、いろいろとやり方が考えられるはずです。

一つの例としては、
上位時間足の移動平均線「20」「50」を1分足に表示してみるとか・・・

上位時間足のローソク足を構成しているのは下位時間足なので、
下位時間足の動きが読めれば、上位時間足のローソク足の動きを読みやすくなるし、

上位時間足の動き(波)が読めれば、
下位時間足で大きく獲れそうなところが少しづつ判断できるようになってくると思います。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、
スキャルピングするにしても、デイトレードするにしても、
小さい時間足と大きい時間足はセットで見た方がよいです。

相場はフラクタクル構造と言われていますがその通りで、
下位時間足で起こるパターン(形)は上位時間足でも起こるし、
その逆もあります。

ぜひ、自分の鉄板パターンというのを見つけ出し、
様々な時間足で探してみてください。

そうすることで、大きな動きにのって利益が獲れるかもしれません。

常に相場は中長期トレーダー(特に長期トレーダー)が動かしている
という考えがあると、上位時間足の動きというのは無視できないものになるはずです。

「森を見て木を見る」ということを意識しながら、
ご自身のトレード方法や相場分析方法を組み立ててみるのもいいかもしれません。

 

 
<編集部のおすすめ>

テクニカル分析の権威として
多くの一般投資家から支持されている
平野朋之先生が、

1日たった10分で堅実に利益を積み重ねる
新しい副収入源の作り方を教える
ビデオ講座を公開しました。

しかも今なら、
このビデオ講座を無料でご覧いただけます。

今すぐ無料でビデオを視聴する

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

自分の予測に乗れないことを悔しがるな

From:もってぃ

新宿のオフィスから
どうも!こんにちは!

投資の学校スタッフのもってぃです。

まもなく夏です。(いや、もう夏だわ。暑いし・・・)

 

私が初めて投資の学校で記事を書かせていただいたのが
1月31日なのですが、

そこから4ヶ月が経とうとしています(/・ω・)/衝撃

 

4ヶ月という期間を、もし何かに真剣に時間を割いて取り組んでいたら、
どれほど技術や知識が身についたでしょうか?状況が変わっていたでしょうか。

 

専門書4冊~8冊くらいは読みこむことができたかもしれないし、
英語を少し聞き取れるくらいになっていたかもしれないし
チャートのパターンがつかめていたかもしれないし
何か目標が達成していたかもしれない・・・

 

この4ヶ月間、
というより、今年に入ってからの5ヶ月間、
何かに対して真剣に取り組んで、変化を感じることはできましたでしょうか?(=゚ω゚)ノ

 

もしそうでないのであれば、ヤバいかもしれません。

何事も焦る必要はないと思いますが、
もし、「成功」「今より稼ぐ」という目標を立てているのであれば、
時間というものはかなり貴重になってくるし、

無駄のないように使わなければならないと思います(`・ω・´)

 

私は別に成功者でも金持ちでもないのですが、

最近は特に、“数ヶ月先の自分の「能力」や「状況」”を意識して、
今できることや、今から取り組んでおくべきことに時間を割こうという考えになっています(*ノωノ)

それは将来、というより、
近い数年後に、自分の思い描いている成功を実現していたいからです。

 

という話は置いといて・・・笑

 

予測は大事だけど、予測に縛られるべからず

トレードをやっていく上で、
今後の値動きを予測することがあると思います。

上位時間足を見たり、インジケーターの形なり数値を見たり・・・

しかし、時として予測した通りにエントリーできないことが
何度も出てくると思います。

たまたまチャートを見ていなかったり、
なんとなく怖くて入れなかったり_(:3」∠)_

後者の場合は単に練習不足や経験不足の可能性があるので、要練習です。

 

ただ、どちらにせよ、
予測通りに入れないと、人は「悔しい」という感情が生まれやすいのではないかと思います。

「ほら~思った通り動いたじゃん~(でもエントリーできてない)」
「やっぱり予測通り入っておけばよかった~・・・」
「予測通り入っておけば○○円利益獲れたのに~」

みたいな。

でも、これって危険なエントリーを生む原因になりかねないのです。

 

相場で「悔しい」という感情は非常に危険

トレードで負ける主なパターンは

・コツコツドカン
・無駄なエントリー

によるところが大きいと思います。

そして、「悔しい」という感情は、
上記2つの負けパターン、どちらも引き起こす要因になりやすいです。

 

予測通りに入れずにエントリーポイントを失ってしまったり、
コツコツ積み上げた利益をドッカンと失ってしまったとき、
その後の相場で無性にエントリーしたくなったりしませんか?

しなければ問題ないと思うのですが、
もしエントリーしたくなるのであれば、その欲を抑える努力やテクニックが必要です!

(相場で失った利益は、堅実にチャンスを待たなければ取り返すことはできません)

 

以前にお話した「機会損失」という思考から悔しさが生まれるのだと思いますが、
とにかく、予測通りに動いた相場で利益が獲れなかったとしても、
大きく負けてしまったとしても、

「絶対、また次にチャンスがくるからいいや」

と思えるか否かで、トータルの損益に響いてくると思います。

 

どのように悔しさを抑えるのか

負けが負けを呼ぶのが相場の恐ろしいところで、

予測通り入れない悔しさ、
あと、勘でエントリーして負けて悔しさを感じたとき、

勝てない人は、
さらにその悔しさで自暴自棄になって適当なエントリーを繰り返したりしがちです。

少なくとも私はそんな時期がありましたw

 

そんな状態ではトータルで勝つことはかなり厳しいです。

しかし、私の場合、今となっては90%くらいその悔しさを抑える、
というよりは感じなくなりました。

それは、どのようにしてそうなったかと言うと、

メンタルを鍛えたからでもなく、
心理学を勉強したからでもなく、

 

単純に「チャートを何年分も見て何度も検証したから」です。

きっと、私の記事を毎週ご覧になっている方であれば、
「結局、それかよ」って思うかもしれませんが、

結局、それなのです(*´з`)w

 

ひとつふたつチャンスを逃したとしても、
次に必ずチャンスがくると思えるかどうか、

それは、たくさんチャートを見てきた人にしか本気で思えないところだと思います。

手法や経済の勉強をいくらしてもなかなか勝てるようにならないのは、
ここが一番重要だからです。

世の中にトレード方法は何百通りとあるわけですが、
色々と覚えれば覚えるほどチャンスが増えるわけではありません。

むしろ、ほとんどが裏目に出ます。

さらに言うと、例え一つ二つのトレード手法に絞ったとしても、
動画を見ただけ、セミナーに行っただけ、ブログを読んだだけ・・・
で勝てるようになるわけがないのです。

 

それは、なぜか・・・

というのを次週にまた書こうかと思います(笑)

 

<編集部のおすすめ>

移動平均線を1つ極めれば、
シンプルでありながら

・利益を取りやすい相場
・利益が取りにくい相場

を瞬時に判別できるので、
確実に大きな利益を取ることができます。

では、その具体的な
移動平均線の使い方とは?

こちらから手に入れてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

知識欲よりチャート欲

From:もってぃ

新宿のオフィスから

どうも!こんにちは!
投資の学校スタッフのもってぃです。

GWは栃木に行ってまいりました。
自然に触れることはとても大事ですね!

 
shisei_man_good

 
最近、一眼レフカメラをゲットしたので、
少しづつ素敵な写真を撮れるようになろうと思ってます♪

 
shisei_man_good

 

一緒に行った友達は、私のより3倍くらいお高いカメラを持ってきてたんですが、
撮り方もあると思うけど、クオリティが高すぎて悔しかったです・・・
(その写真はありませんw)

 

知識欲は裏目に出やすい

株にしてもFXにしても、
たくさんの手法、分析方法などがあって、
なかなか自分のトレード方法が定まらないことがあったりすると思います。
特に初心者のうちは、「何をどのくらい勉強したらよいか」
ということが分からなくて、

とにかく「片っ端からテクニカル分析を勉強しよう」とか
「経済の勉強始めよう」とか、「勝てそうな商材いろいろ買ってみよう」
ってなるかもしれません。
 

つまり、知識欲が次々と湧いてくるのです。
 

知識を付けることは悪いことではないし、
知識があるに越したことはないのですが(特に株の場合は)

それ(たくさんの知識をつけること)がいつしか”目的”になってしまうと、
「トレードで稼ぐ」という本来の目的からは遠ざかってしまう
可能性が高くなると私は考えています。
 

トレード、特にFXの場合は、
勉強をすればするほど安定して稼げるようになるかというと、
そうではないと思っております。
 

頭でっかちでは勝てないのです(;・∀・)
 

ウォルフ波動、ダウ理論、エリオット波動etc…

色々とありますが、
頭に入れただけでは実践ではほとんど役に立たないし、

最近の相場では特にダウ理論など、形だけ覚えても
上手にエントリーに繋げることは難しいのではないかと思います。
 

知識だけでは実践で使い物にならず、
知識をつけすぎても、エントリーが慎重になりすぎたり、
逆に余計なチャンスを増やしてしまったりと、
空回りしてしまうかもしれません。

知識は最低限で良いと私は考えています。
 

”トレードで稼ぐだけ”であれば、最低限の知識は、

・FXに関連する用語
・通貨ペアの相関関係
・主要なインジケーターの役割

というくらいで十分だと考えています。
 

そしたらあとは・・・

 

とにかくチャートを見る×100

最低限の知識をつけたら、

あとは、
 

「チャートをひたすら見る」
 

これに尽きると思います。
 

最低限の知識⁺もちろん「手法」はある程度は必要で、
手法を一つ二つくらいに絞って、
とにかくチャートを見て、

・手法の最も機能するパターンを把握する
・上位時間足の動きと下位時間足の動きの関係を把握する

そして、最終的に
最も自分が利益を獲りやすいパターンをいくつかストックする。

というような流れです。

 

知識もたくさん、手法は3個も4個も何十個も・・・
というのは、おそらく中途半端なトレードになってしまうかもしれません。

とにかく、考え方も手法もシンプルにして、
集中することが重要なので、

少しの知識と、少しの手法、
あとはひたすらチャートを見てパターンを見つける。

 

値動きの根拠、理由を考えられるように
ひたすら練習するしかないのです。
 

何度も言っていることですが。
 

私の知りうる範囲ですが、
FXで勝ち続けているトレーダーの方は、
全員、おそろしいほどたくさんチャートを見て、
研究して、練習を重ねてきています。

紆余曲折はあったと思いますが、
みな、シンプルなトレードをしている方ばかりです(`・ω・´)
 

なので、私的には、
FXで勝つための最短方法は、

シンプルなトレード方法を、
たくさんの過去チャートを見て極める

ということでございます!(/・ω・)/
 

でも、それが必ずしも正しいわけではないのですが、
今もし色々と勉強してきたけど、なかなか勝ち続けられていないという方が
いらっしゃるのであれば、

一度、ラインや移動平均線などのシンプルなテクニカル分析のみに絞って、
シンプルなトレード方法を研究してみてはいかがでしょうか(=゚ω゚)ノ

 

<編集部のおすすめ>

移動平均線を1つ極めれば、
シンプルでありながら

・利益を取りやすい相場
・利益が取りにくい相場

を瞬時に判別できるので、
確実に大きな利益を取ることができます。

では、その具体的な
移動平均線の使い方とは?

こちらから手に入れてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする